Max Cady's IMPORTS
革ジャン アクセサリー 専門店
新着情報 輸入雑貨店 商品一覧 カスタムオーダー ショッピングカートを見る ENGLISH PAGE
トップ | ご利用ガイド | 出荷情報 | お問い合わせ
サイト内検索 by Google

zippoの参考資料ページです。現在、当店で販売は行っておりませんので、お問い合わせはご遠慮願います。



トップページ

製造年刻印一覧表




1953 1951-53(昭和26~28年)
 51-200MIB 52BallPins 51PEPSI 51-TV 51COKE   51Roosevelt 51Roosevelt

解説 1951-53の解説 

52KOREA 1951年後期から1953年までは朝鮮戦争の影響で再びスチール(鉄)製になり、インサートもステンレス・スチール製に変更されます(左は1952の年号を持つ朝鮮戦争・米陸軍のジッポー)。スチール製ジッポーはその剛性からブラス製とは異なる独特の風合いを持ちます。
 底面刻印の基本は2種類で、1948年以降と同じ刻印(左)に新しい刻印(右)が徐々に加わっていきます(1953に近づくほど文字が潰れた刻印になります)。ただ両者は混在しており 刻印のみで正確な製造年を判別することは困難ですので、1951-53年として扱います。

1951-53
  1951-53 1951-53  

1951-53インサート インサートの刻印は4種類に区別できます。まずそれまでのニッケルシルバー製インサートと同じ刻印があり、これには磁石にくっつかないタイプ(材質不明、1951年の移行期)とくっつくタイプがあります。2種類目はZIPPOの文字間が狭い刻印、3種類目は文字が鮮明で数字が細い刻印で、4種類目は上記底面刻印右に似た刻印です。これらインサートの刻印からも製造年を断定することはできません。

インサート インサート インサート インサート

 なおこの時期、ハイポリッシュ(鏡面仕上げ)は鉄製ではなく真鍮製のままで (鉄製のハイポリッシュはこれまで未確認)、1951年の移行期以降はストックを利用したか真鍮で製造したと考えられます(インサートはステンレス・スチール製)。1951年後期の総革巻モデルも同様です。右上は1951年クリスマスの広告 です。

© 2004 Max Cady