Max Cady's IMPORTS
革ジャン アクセサリー 専門店
新着情報 輸入雑貨店 商品一覧 カスタムオーダー ショッピングカートを見る ENGLISH PAGE
トップ | ご利用ガイド | 出荷情報 | お問い合わせ
サイト内検索 by Google

zippoの参考資料ページです。現在、当店で販売は行っておりませんので、お問い合わせはご遠慮願います。



トップページ

製造年刻印一覧表




1938-41 1938-41(昭和13~16年)

38-WFB 40skier 40wurlitzer 40cadillac 40YALE
 解説 1938-41の解説 

3800 1938年、角のとれた「ラウンド・コーナー」と呼ばれるモデルが導入されます(右は1938年の広告)。新しいプレス機による一体成型のケースは革新的で、65年以上もの年月を感じさせない完成度を誇ります。ヒンジ(蝶番)は4バレル(4つで構成)のままで、インサートの型も1936-37年モデルがほぼ継承されますが、カム(インサート左上のパーツ)を機能させるスプリング(バネ)はピストンからリーフ・スプリング(板バネ)に変更されます。
 1940年にはそれまで別々であったヒンジ(蝶番)とカムクリップ(上蓋内部のパーツ、その形状からコの字型クリップと呼ばれます)が一体になります(クリップ一体型)。ダイアゴナル・ラインと呼ばれる右上・左下の二重線が入ったモデル以外にも無地のモデルが登場し、ごく僅かながらハイポリッシュ(鏡面仕上げ)のモデルも製造されるようになります。また機械彫り+ペイントの新しいデザイン手法が採用され一気にバリエーションが広がるのも、このラウンドコーナーからです。いわずもながら2001年に発売された1941レプリカのオリジナルがこのモデルです。

1938-40
インサート ヒンジ 1938-41クリップ
インサート 4バレルヒンジ 1938-39年コの字型
クリップと別体ヒンジ
1940-41年クリップ
一体型ヒンジ

 1941年末期になると第二次世界大戦の影響でブラス(真鍮)が不足し、ケース、インサートともに徐々に鉄製に切り替わっていきます(混在の後、どちらも鉄製になります)

© 2004 Max Cady